6/5、山形県山形市、九州とんこつのうま馬に行ってきました。
6回目。(→1,2,3,4,5)


f:id:kazu_ma634:20160721091358j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160721091359j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160721091400j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160721091401j:image:w400
博多とんこつ半チャーハン
チャーハンは注文してから作るのではなく、作り置きなのですぐ出てくる。
でも、このチャーハンととんこつラーメンがよく合うんですよね。


tabelog.com

鯛飯を作りました。

これは主人が太鼓判を押してくれているお料理です。
作り方を紹介したいと思います。



材料(お米4合分)
鯛…好きなだけ
  ※鯛は《骨》つきであること!!
●だし…ティスプーン1杯(かつお節と煮干をミルしたもの)
●お醤油…小さじ2
●お塩…小さじ1
昆布…1枚
○みりん…大さじ1
○お醤油…大さじ1




・まず、炊飯器にお米をセットして、上記●を入れます。

・鯛をちょっと焦げ目がつくくらいまで魚焼機で両面焼きます。








・セットしたお米に昆布を乗せ、鯛を置きます。




・そしたらスイッチオン!
炊き上がるまで炊飯器さんにお任せしましょう。








じゃーん



炊き上がりました。




・鯛と昆布を出します。

・鯛だけ上記○でほんのり味がつく程度に煮ます。

・鯛をほぐし炊飯器に戻して混ぜたら出来上がり♪


良かったらお試し下さい。


※下のタグをポチっとお願いします。


 

「この間モアーズのウェスタンユニオンに行ったら、●●さんを見たの」

なんていう世間話からもわかるように、彼女達は横須賀中央駅直結のモアーズ3Fに入っているH.I.S.内のウエスタンユニオン経由で送金しているそうです。他にはEMSで小切手を送っている人もいます。
旅行業務とは違い、ウェスタンユニオンの受付時間は短いので、今後ここを利用と考えている人(=外国人女性に貢いでいる人達)は事前に確認してから出かけられたほうがよいです。

フィリピン向け送金の取引制限に関するお知らせ

この記事を読んでいるほとんどの人がウェスタンユニオンとは無縁の生活をしていると思いますが、前出の女性が送金しようとモアーズに行った時、ウェスタンユニオンの受付(?)で知人の日本人男性を見かけたそうです。

彼も彼女に気がついたので、彼女の方から挨拶をし、「これ?」と小指を立てながら聞いたそうです(笑)。平成生まれの人達は小指を立てるジェスチャーが意味することなんてわかりませんよね。小指は「愛人」を意味します。
おそらくフィリピーナは、フィリピンパブ勤務時代に見聞きしたものがしみこんでしまっているのでしょう。

「送金してあげている愛人でもいるの?」と聞かれた男性は「まさか!」と言ったそうですが、私は送金していると思うなぁ。私もその人を少し知っているのですが、カモられていても不思議ではない人です。

ちなみに彼女達に「ファミマからもウェスタンユニオン経由で送金できるらしいよ」と教えたところ「でもコンビニからだと、手数料が高そう」といわれました。
そこまで切り詰めて送金をし続ける彼女達・・・・。母国で暮らしている家族は左団扇でしょうな。

関連記事:家族に裏切られても送金をストップできないフィリピン人達

ちょっとかわいいものを見つけたので張ってみます。

どうせブログ書くならアフェリトとも思ったので、探してみたけど、これでできるのかな?

はてなブログは書きやすいし、写真を載せるのも簡単だし、なんていったって、写真を大きく載せることができるので、とっても気に入っているのですが、これのせてもいいのかしら?

まあ、どっちにしても、これはかわいいので、近い将来だれかに、お子様が生まれるようなことがあったら、(私の場合は、孫だけど、、まだまだ遠い話だろうね)

こんなプレゼントはとっても嬉しいと思う。

一人で買うにはちょっと高いので、お友達何人かで買ってプレゼントしてあげたらうれしいとおもうなああああ。

さて、、この広告張れているかな?

 

[http:// ]

 

 
最近、隔週になりつつある嫁さんネタです
 
今日のネタは、Q嫁のママ友にも評判が良かったので、
ぜひお試しくださいませ
 
 
 
その前に、一言だけ。。。
今日は東日本大震災から1年の日ですね。
あの日は日本人にとって悲しみの日でした。
 
大震災を教訓にして、同じような大震災がどこかで起こった時への「備え」をしっかりしましょう!
「備え」によって次の犠牲者を減らすことが、今回の犠牲者の想いに答えることではないかと思います。。
 
 
しっとりしてしまいましたが、本題です

 

 
紹介しているレシピの中にたびたび登場してくる「だし」、
これはとても便利なので紹介したいと思います。
 
 
≪材料≫
鰹節
にぼし(頭は取りません)
 
 
≪作り方≫
[1]鰹節とにぼしをミルの容器の中に入れる。
こんな感じ。

 
 
 
 
 
[2]ミキサー(ミルサー
)にセットしてスイッチオン!
この時にぼしが砕かれるすごい音がするので子供達がいると、何だ?と覗きに来ます。
こんな風になります。

 
 



できあがり
 
 

私はしょっちゅう作るのがめんどくさいので、たくさん作って冷凍します。
 
 




普段使う分も冷凍庫に保存しています。
 
 
 
 
このだしは結婚して間もなくの頃主人が
「鰹節とにぼしをミルしてお味噌汁に入れたら、全部食べられるし、
にぼしのカルシウムも摂れていいんじゃないか」と言い出して作り始めました。
 

作るのはちょっと面倒ですが、だしをとる手間が省け、毎日のお料理の時間短縮になってます。
だしの素とは違って余分なものが入っていないので安心です。
このだし、おすすめです
 

Q補足
 
酸化防止のため、冷凍保存するのが吉です
使うときは冷凍のままスプーンですくって1、2杯入れるだけ
味噌汁でも煮物でもなんでもイケます
 
昆布もやってみたけど昆布はイマイチだったかな
 
 
ダマされたと思ってやってみてください
 
 
 
 
やってみてもいいかな~と思われる方、



下記リンクのうちのどれか1つをクリックしていただけると
嫁さんがとても喜びます。是非、お願いします
http://house.blogmura.com/newhouse_ichijo/ranking_out.html ←にほんブログ村 一戸建 一条工務店

http://house.blogmura.com/newhouse/ranking_out.html ←にほんブログ村 一戸建住宅(施主)

http://house.blogmura.com/hirayahouse/ ←にほんブログ村 一戸建 平屋住宅

http://blog.with2.net/in.php?1324443 ←人気ブログランキング
 

 TASAKI(旧田崎真珠)は10日、2015年10月期の連結純利益が前の期の2.9倍である33億円になったようだと発表した。従来予想の24億円から増益幅が拡大した。販売が順調に伸びるなど業績の安定を受けて、繰延税金資産約10億円を計上することになったため。純利益の額は過去最高になった。

 売上高は前の期比8%増の188億円、営業利益は75%増の23億円になったようだ。それぞれ従来予想の226億円、26億円から引き下げた。仕入れや販売の時期が当初の予想と異なったほか、海外展開の遅れなどで当初の予想は下回ったが、増収増益は確保する。訪日外国人客による買い物需要を追い風に、国内小売りは引き続き堅調という。

 

「ところで凛」のくだりが好きすぎて死にそう

 

諏訪部さんアアアアアアアアアアアアア

推しをどのような気持ち、どのようなスタンスで応援しているかというのは、当人にとってはそれが当たり前のことなので、改まって人に紹介する機会ってそうそうない。しかしながら場合によっては戦争レベルの問題に発展することもある、超重要な問題でもある。そこで先日出会ったこのツイートを見てほしい。

せっかくこのような便利なものを見つけたので便乗しない手はないぞ!ということで少々遅ればせながら書いてみました。わたしはこんな感じです。

f:id:ko-mochi:20170729085255j:plain

どうしても行きたい公演が外れたら?
定価のお譲りを探して見つからなかったら潔く諦める。それもまた運命。

ファンサ
もらえたらそりゃあ天にも昇る気持ちだろうけどコンサートでは推しが元気な姿を見られれば十分なので多くは求めない。同じ空間に同じ時を生きているだけで奇跡。

貶し愛
昔からずっと推しを全力で褒めちぎりたいタイプのオタクなので自分には出来ないし見るのも得意じゃない。

同担 / 掛け持ちですか? / 相手がDD(複数推し)
重岡担だけど横尾さん狂いで錦戸さんが永遠の自担と言い張るオタクなので、複数推しの方を見ていると仲間を見つけたような気持ちになるので嬉しくなるし複数界隈の話を聞くのは楽しくて勉強になる。同担さんも他担さんも好き。

遠征 / 一人参戦
1つのツアーでどの公演にも入れないことを避けるために遠征するという感じ。だから1つのツアーで1回くらいならする。一人参戦は全然平気。一人だとコンサートのメモを終演後にのんびり振り返られるところがいいけど、やっぱりオタクと話したくなるので少し寂しくはなる。

振りコピ
踊れるものはなるべく踊る。演者に負けないくらい踊るよう常に心がけている。というのは、以前一緒にジャニーズWESTのコンサートに入った方が「コンサートでは関ジュになるくらいの気持ちでいる」という心構えを話していて実際に関ジュばりにガンガン踊る様子を見てから、自分もそういう気持ちでコンサートに臨もうと思った。

双眼鏡 / うちわ / 公式外ペンライト
好きなのは片手にペンライト(公式外ペンライトの持ち込みって考えたことなかったし多分これからもやらないと思う)、もう片手に双眼鏡のスタイル(振りを一緒にやりたい時に動きやすいから)。でもうちわを作るとテンションが上がるので気合を入れがてらたまに作る。視認性よりも自己満足重視のうちわ作りが大好きなのでデザインにめちゃくちゃ時間をかけてしまう。

f:id:ko-mochi:20170729091549j:plain

 

 *******

 

 普段仲良くしている自分と似たような応援スタンスのオタクばかりを見ていると、世の中には様々なスタンスの人がいることをつい忘れそうになる。その中には自分が理解できないタイプの人も含まれるだろうし、全員と仲良くするのは到底無理な話だ。

オタクをするにあたって大切なのは、気の合わない人に極力近づかずぶつかり合わないようにする努力をしながら、楽しく健やかに日々を送ってゆくことだと思う。わざわざ不快の海に飛び込んで精神鍛錬に励む必要はない。ぬるま湯に浸かって極楽極楽って言っていても誰にも文句言われない世界なんだからそれでいい。

合うか合わないかを判断する、または人から判断してもらうためには、自分がどういうタイプのオタクなのかはどんどん主張していった方がいい。この記事もその手段の一つです。ハッピーでピースフルなオタクライフ、一緒に築いていきましょう。


いまの現場のマネージャーがけっこうアレで、ものすごく愉快なんだけど、とある酒の席で、彼は奥さんの尻に敷かれているんだろうなあという、僕の予想が当たっていたことを知った。彼との間にあまり会話はないんだけれども、彼の動きはできるだけ見ているし、会話が聞こえるのであれば積極的に聞いているんだが、どうやら、彼はもともと、C言語のエンジニアではないかと思うようになってきた。

社名を出すとアレなのでナニしますが、ソノ会社については、僕がサラリーマンだったころ、資本関係はないものの、親会社の重役に出身者がいたり、ソノ会社の工場に常駐していたり、受託ないしは小口案件をやっていたひとを知っているんだが、そのひとたちも、ソノ会社の文化だろうことによる、アレとか、愉快という論点というより、確実に、尻に敷かれていることがわかったし、コンピュータリテラシーもあって、C言語も組めるんだけども、女性の、激しく、説明のつかないようなアラームについて、言い返さないというひとを僕は少なくとも、ふたりは知っている。このふたりに、ソノ会社は共通しないが、共通しているのはC言語。

ひとりは、僕に焼酎の飲み方を教えてくれたKマネージャーだが、あけみさんのいる店で呑むたびに、いつも、Windows SDKではなく、Visual Basic でプログラミングすることについて、なぜあんなにブラックボックスが多いんだと言っていた。マイクロソフト(というかDelphiというかGNOMEというかアラン・ケイ)が、GUIプログラミングに対して下した結論は、生産性を維持するために、スレッド実行される、ウィンドウのウィンドウプロシージャを完全に隠蔽し、ウィンドウメッセージを「イベント」という概念と、DoEventsというステートメントにもちこんでしまったことについて、Kマネージャーは、そこに何が書いてあるかわからないから、問題の本質に迫れないと、神の河(かんのこ)をぐいっとあおってよく言っていた。

もうひとりは、僕の話によく出てくる、T主任。彼は、僕と一緒に仕事するまえは、工作機械の制御をCでやっていたと聞いた。今でも、深夜の錦の交差点の横断歩道を渡りながら会話をしたことを鮮明に覚えているんだけど、なぜIT業界にいるんですか、なにか目指すところはあるんですか?という僕の無理な問いに対して、「僕はいつかロボットを動かしたいんだよ。」とたいへん具体的な答えをもらって、非常にうれしかったことを覚えている。ちなみに、そのあとに、僕が言った僕の理由は、革新的なソフトウェアをつくって、人類の進歩に貢献したい、コンピュータが人類を支配することはあってはならないが、コンピュータは人類の進歩にたいへん有効なものであることは間違いない。いまのところの僕の答えは、発散思考と収束思考を管理し、非線形思考を表現しながら、線形思考についてを具体的にアウトプットできるものであって、後者のいまのところの人類の答えは、マインドマップエディターと、アウトラインプロセッサーである、と言ったと思う。また、彼は元高校球児で、ポジションでキャッチャーだったことが、いまの、全体の雰囲気を読み取ったり、根回しや人間の感情をできるだけ尊重するというやり方につながっているということは、僕が、30歳を回ってから、野球の新しい見方を覚えるようになったともいえる。

話は脱線気味だが。

Cのエンジニアは、ブラックボックスを嫌うというよりも、現象を追いたいと思っている。さらに、手間はかかるが、ベル研究所のおかげで、オペレーティングシステムに近い部分にいるから、たいていのことができるCを組むスキルがあるということは、あなたができなければ僕がする、要するに、ホビーコンピューティングのときの、「ないものは自分で作る」という文化が染みついている。だから、たいていのことでは、言い返さないし、結果的に尻に敷かれてしまってるんじゃないかと、勝手な妄想をした。ただし、OOPの文化がわからないと、比較的横文字で煙に巻こうとするJavaのエンジニアとは話ができないし、関数型プログラミングを知らない、最近の子たちとは、考え方すらあわないだろう。

そういった基礎理論もそうだけど、現象を追いかけたいのに、正確な情報を得ようとしないのは、どこらへんに、理由があるのか。正確な情報を得るためには、テクノロジーに対する基礎理論があって、適切な信頼関係と人脈があって、最低でも、PMBOKという言葉に含まれるマネージメントの知識がいるだろうと思う。Cのエンジニアなのに、どれかが欠けているから、けっこうアレになっちゃうんだろうな。あと、ソノ会社の文化と。◇◇◇



久しぶりの更新になりました。長文になってごめんなさい。


被災者の皆様には、心より、お見舞い申し上げます。