若い世代(20・30代)の男性の頻尿について

頻尿とはトイレが近い、急に尿意を感じて我慢できない、等の尿トラブルを伴うトイレ障害のことです。過活動膀胱とも言われます。

最近は比較的若い世代(20~30代)の男性でもこの頻尿に悩む方が増えているようです。

トイレが近くて夜中も何度も目が覚める、1時間おきにトイレに行く、といった頻尿独特の症状は昔から高齢者に多く見られるため「加齢だから仕方がない・・・」とあきらめる方がほとんどでした。

しかし、20~30代の若い現役世代の頻尿は仕事にも支障をきたすこともあるため、本人にとっては非常に深刻な問題と言えます。

頻尿になる原因はいくつかあり特定することは難しいですが、ひとつ言えることは特に若い世代は骨盤低筋体操や行動療法によって頻尿の治療が可能だということです。


頻尿とは、具体的にどういう状態を指すのかについて説明します。

頻尿というのは尿の(トイレに行く)回数が異常に多い状態です。

正常な人の尿の回数は、一日に6回~7回だと言われています。

それに対して頻尿の場合は、尿の回数が一日に10回以上だと言われているのです。

昼間の尿の回数が8回以上、夜間の尿の回数が2回以上なら頻尿だと考えられます。

普段生活していて、3時間に1回程度の尿の回数だと特に何とも思わないですが、1~2時間に1回になると日常生活で不便を感じることもあるかもしれません。

20~30代の男性なら仕事をしている人も多いでしょうし、もっと若い世代なら学校に通っている人もいるでしょう。

頻尿になってしまう原因は色々あります。


頻尿をどうしても治したいという方には、このような方法もおすすめです。(【頻尿を2週間で完治する方法】)


加齢による場合もありますし膀胱炎や前立腺肥大などの病気が原因で頻尿になることもあります。また、緊張や不安が原因の神経性頻尿もよく起こりがちです。

頻尿は、水分の摂取を控える、体を冷やさない、カフェインを控えるなどの生活習慣を改善することで治すことも可能ですが「これだけでは改善できない」と言う方も多いのではないでしょうか?

そのような方は1日も早く専門医に相談し、専門トレーニングを始めとする日常生活における様々な対策をとることをおすすめします。