大学の時に履修していた経済学関連の授業の中で、

ふと思い出したことがあったので今回はその話を

まとめようと思う。

 

僕の他にもけっこういると思うんですが、

 

「日本は食料を輸入に頼っている」

「米などの一部の食料以外は大部分を輸入している」

「これは問題だ。自給率を上げる事が課題である」

 

みたいなことが書いてある教科書を

読んだ事がある人いるんじゃないでしょうか。

 

僕は確か小学校か中学校でこのように教えられて、

その時は「へえー」とか思っていて特に深く考えはしなかったんですが、

大学の時に食料自給率の話になったんですよね。

 

で、その時に昔学校で習った記憶が蘇って、

「まあ、自給率は課題だよね」とか脳裏をよぎったんですが、

大学の教授が真っ向から反論していてそれが素晴らしすぎたので、

今では僕は食料自給率については現状維持か、

よくても微増ぐらいで御の字だと思っています。

 

続きはメルマガで書こうかと思います。

特に他意はないんですが、ものは試しで。笑

 

以下から登録出来るので気になる方は

何卒よろしくお願いします。

 

週刊gaishibija 読者登録/解除

 

なんで食料自給率上げなくていいか

分かる方、twitter(@gaishibija)かなにかで返信もらえると助かります!

まあけっこう簡単なので正解者続出すると思いますけど。笑